各部門のご案内

化学療法食(お好み食)について

化学療法食(お好み食)とは、化学療法の副作用で食欲不振や味覚が変化した患者様に、少しでも美味しく満足して食べていただけるように考えたメニューです。昼食・夕食時に提供しており、その時食べたいメニューを選択することが可能です。
副作用により、食欲不振、吐気・嘔吐、味覚変化、口内炎、下痢、便秘などの症状があり、中でも食欲不振や味覚変化に悩む患者様が特に多いため、食欲低下をきたした経験のある患者様に対してアンケート調査を実施しました。
その結果、食べたかったものや食べられたものの共通点として、

  • 味付けの濃いもの・酸味の強いもの
  • 見た目の量が多すぎないもの
  • 水分が多く、のど越しの良いもの
  • 匂いの少ないもの

この結果や他病院での取組みを参考にし、現在の化学療法食(お好み食)を提供しています

化学療法食(お好み食)の献立例

スパゲティセット
スパゲティセット
  • スパゲティ
  • サラダ
  • スープ
献立のトータル栄養価(1人分)

エネルギー:700kcal
たんぱく質:20g
脂質:30g
塩分:4.5g

カレーライスセット
カレーライスセット
  • カレーライス
  • サラダ
  • 果物
献立のトータル栄養価(1人分)

エネルギー:600kcal
たんぱく質:15g
脂質:24g
塩分:3.5g

ちらし寿司セット
カレーライスセット
  • ちらし寿司
  • 小鉢
  • 清汁
献立のトータル栄養価(1人分)

エネルギー:480kcal
たんぱく質:20g
脂質:2.5g
塩分:5g