各部門のご案内

嚥下訓練食について

「お茶がむせやすい」「食事がうまく飲み込めない」といった嚥下障害は、脳血管障害や認知症、高齢者の筋力低下等が原因でみられる症状です。食べ物や水分が食道ではなく気管に入ると、口の中の細菌によって引き起こされる肺炎(誤嚥性肺炎)に繋がります。嚥下機能が障害された患者様に対して嚥下評価を行い、嚥下機能に適した食事を提供しています。
当院の嚥下訓練食は5段階に分かれています。

  • 嚥下開始食(嚥下困難者用ゼリー)
  • 嚥下食1(お茶ゼリーと果物ゼリー等)
  • 嚥下食2(重湯ゼリー・汁物ゼリー等ゼリー状中心の食事)
  • 嚥下食3(軟菜食をミキサーにかけペースト状にした食事)
  • 嚥下食4(軟菜食を細かく刻んでまとまりをつけた食事)

嚥下訓練食(嚥下食3)の献立例

常食一例
  • ミキサー粥
  • あじの蒲焼き風
  • 南瓜の海老そぼろ煮
  • 法蓮草の味噌和え
  • フルーツペースト(桃)

☆献立のトータル栄養価(1人分:ミキサー粥普通盛の場合)

エネルギー(kcal) 643 たんぱく質(g) 21.1
食塩相当量(g) 2.1 脂質(g) 8.5
食物繊維(g) 5.9 炭水化物(g) 118.7
あじの蒲焼き風 作り方(ペースト)
あじの蒲焼の材料・作り方は加熱食を参照

[材料] 1人分
あじ・・・・・・60g
料理酒・・・・・1g
小麦粉・・・・・5g
おろししょうが・2g
みりん・・・・・3g
薄口醤油・・・・4g
油・・・・・・・3g
さやいんげん・・20g
薄口醤油・・・・1g

あじの蒲焼

[作り方]

  • あじの蒲焼き風をミキサーに入れ、だし汁80mlを加えペースト状になるまで攪拌する。
  • ボウルに移しトロミ剤2gを入れ混ぜながらケチャップ状になるぐらいに濃度を付ける。
  • さや隠元をミキサーにいれだし汁20mlを加えペースト状になるまで撹拌する。
  • ボウルに移しとろみ剤0.5gを入れ混ぜながら同様に濃度を付ける。
  • 皿に彩りよく盛り付けて完成。

[一口メモ]

  • 食材は少し長めに加熱し柔らかく調理すると良いでしょう
  • 繊維質の多い野菜などは、包丁で軽く刻んでからミキサーにかけるとペースト状にしやすいです
  • 魚の皮と骨はあらかじめ取り除いておきましょう
  • とろみ剤はメーカーにより若干とろみの付き方が異なるため、各製品の使用目安量をご参照下さい
  • 小型のハンドミキサーやすり鉢等を使うと少量でもペースト状にすることができます