診療科のご案内

内視鏡による甲状腺手術

当院外科では頸部に切開創のない、以下の内視鏡による甲状腺手術を施行しています。

  • 内視鏡補助下甲状腺手術(VANS法)
  • 完全鏡視下甲状腺手術

内視鏡による甲状腺手術とは

バセドウ病などの甲状腺疾患に対する手術は、一般的には頸部(首)に10~15cm程度の皮膚切開をして行います。手術後は比較的早く症状が落ち着いて安定した状態となりますが、女性の罹患率が高いこともあり人目に付きやすい首に手術の痕が残ることは整容面で問題となることがありました。また、嚥下時の違和感や嗄れ声など合併症が発生する場合もあります。

当院外科では、良性の甲状腺腫瘍及び甲状腺機能亢進症に対して内視鏡を使用した手術「内視鏡補助下甲状腺手術」及び「完全内視鏡下甲状腺手術」を導入しています。この手術は、若年女性で甲状腺腫が大きくないもの(5cm程度まで)に適しており、開襟衣類の隠れる位置に小さい傷ができる程度の手術です。疾患の種類、大きさ、また患者様の希望を考慮しそれぞれの術式を選択しています。術後約1か月で違和感や疼痛もとれ約3か月後には手術の影響はほとんどなく創も目立たなくなります。
適応する甲状腺疾患でお悩みの方は診察が必要となりますので、当院内科外来へご相談ください。

甲状腺手術の頸部の傷

適応
  • 良性の甲状腺腫瘍
  • バセドウ病などの甲状腺機能亢進症
    ※5cm程度の大きさまで
皮膚切開位置
内視鏡補助下甲状腺手術(VANS法)
内視鏡補助下甲状腺手術(VANS法)
完全鏡視下甲状腺手術
完全鏡視下甲状腺手術
患者さんの声

 ※患者さんの病状等により個人差があります

Q1.この病気に罹患していると知ったのは?また、症状は?
A1.健康診断で甲状腺が2㎝程度腫れていると診断されました。その後、1年程度地元の内科で診てもらっていました。症状は全くなく、普通に仕事もしていました。
Q2.どうして当院で完全鏡視下甲状腺手術を受けようと思ったのですか?
A2.経過は変わらなかったのですが採ってみなくては良性か悪性なのかわからないため切除を勧められました。その際に岐阜赤十字病院で内視鏡補助下手術を行っていて、それに適応しているので選択してみてはどうか話がありました。
Q3.なぜこの手術を選択したのですか?
A3.最初は頸部切除でも良かったと思っていましたが、年中首を隠すような衣服を着るのは難しいと思いこの手術を選択しました。
Q4.手術後当日の夜の痛みなどはどうでしたか?
A4.手術後は燃えるような痛みがあったので、痛みどめの点滴をしてもらいました。痛み止めは1度使用しただけでおさまりました。その後はピリピリしたような違和感がありましたが、我慢のできないような痛みではありませんでした。その晩は手術が頸部であるため、首から肩にかけ固まったような感じがしてなかなか眠れなかったが、まくらをかってもらったりしたので楽になりました。
Q5.その後の経過はどうでしたか
A5.2日間は違和感が強く声も出しづらかったのですが、その後は何もすることもなくむしろ退屈に思えたくらい元気に過ごせました。
Q6.退院後のどれくらいで社会復帰されましたか?
A6.術後1週間で退院し自宅で1週間療養後に、社会復帰できました。投薬などもなく仕事は今のところ何の支障もなく行えています。
Q7.手術が適応している人で考えている方にメッセージをお願いします。
A7.手術時間は3~4時間必要でだんだん消えてはいますがピリピリした痛みは伴い引きつったような感じが残っています。それでもこの手術の最大のメリットは頸部に傷が残らない事ですので、特に若い女性で適応する場合は選択しても良いのではないでしょうか。