診療科のご案内

副鼻腔炎(ちくのう症)で悩んでいる方へ!短期で行う内視鏡手術

当院耳鼻咽喉科では鼻腔炎(ちくのう症)の内視鏡手術を1泊2日の短期で行っております。
また、体の負担が少ないため、仕事などにも早く復帰できます。

副鼻腔炎に苦しんでいる女性


副鼻腔とは

副鼻腔とは鼻(鼻腔)とつながった空間で、左右それぞれに目の間にある篩骨洞・頬の裏側にある上顎洞・額の裏側にある前頭洞・鼻の奥にある蝶形骨洞があります。これらの副鼻腔は、鼻呼吸をすることで空気の交換が行われています。

副鼻腔の場所

副鼻腔炎とは

副鼻腔炎とは、副鼻腔の内面をおおっている粘膜が何らかの原因で炎症を起こしている状態のことです。頻度が高く小児から高齢者まで幅広い年代で発生し、一般にちくのう症と呼ばれています。
副鼻腔炎には2種類あり短期間で治る急性副鼻腔炎と、3か月以上症状が続く慢性副鼻腔炎に分けられます。慢性副鼻腔炎には治りにくく特別な副鼻腔炎もあります。
適切な治療を続ければ完治しますが、放置しておくと悪化しやすいので早めの受診を心がけましょう。

副鼻腔炎で苦しんでいる男性


急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎は風邪などのウイルスや細菌が原因で副鼻腔に感染し青鼻がでている状態や、アレルギー性鼻炎などで炎症を起している状態をいいます。主な症状は、鼻づまり・頭痛で顔の痛みが伴う場合もあります。

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎が3か月以上続くとなるもので、原因は急性副鼻腔炎とほぼ同様ですが、多くは細菌感染によるものとされています。放置していたり、勝手に治療を中断したりして悪化させると、鼻タケ(ポリープ)ができることがあります。そうなると、自然に改善しにくく長期間の治療が必要となることがあります。

特別な副鼻腔炎
副鼻腔真菌症

細菌ではなく、カビが原因の副鼻腔炎です。顔の痛みや鼻出血がみられることもありますが、無症状ことが多く脳のCTやMRI検査で偶然発見されます。ごくまれに重症化しますので、手術が必要です。

好酸球性副鼻腔炎

難治性で重症化しやすい副鼻腔炎です。鼻茸ができて鼻づまりがひどく、嗅覚障害を伴います。難治性の喘息を伴い難病に指定されています。中耳炎になりきこえが悪くなる危険もあります。

副鼻腔炎の診断

鼻の中を診察し、副鼻腔のレントゲン CT MRIなどで診断します。過去に撮影した脳のCTやMRIがあれば参考にさせていただきます。

副鼻腔炎の治療

副鼻腔炎の多くは薬と処置で改善しますが、長期化したり反復する場合手術を行います。 副鼻腔真菌症は有効な薬がありませんので、手術が必要です。 好酸球性副鼻腔炎はステロイドの内服が有効ですが、効果は一時的です。重症の方や喘息の方は早めの手術をおすすめします。

内視鏡下鼻内副鼻腔手術について

現在の副鼻腔炎手術の主流です。鼻内から手術をしますので、体への負担の少ない手術です。当院では原則1泊入院で手術を行いますので、費用面もご負担も少なくなっております。

内視鏡下鼻内副鼻腔手術


慢性副鼻腔炎の入院日数
当院 2.0日
全国平均 7.2日

※病院指標より平均29年度実績

両鼻を手術する場合の概算費用
1泊2日入院 18万円
6泊7日入院 22万円

高齢化や生活環境の変化で、副鼻腔真菌症や好酸球性副鼻腔炎など特殊な副鼻腔炎が増加しています。鼻の症状が気になる方は一度耳鼻咽喉科にご相談ください。