診療科・部門

診療科

脳神経外科

診療科の特徴

概要と診療方針

脳神経外科では、脳卒中、頭部外傷、認知症、頭痛、てんかん、脳腫瘍、顔面けいれんなどの外来診療を行っています。

診療体制

非常勤医が3名のため、手術や血管内手術が必要な患者さんは、岐阜大学医学部附属病院に紹介しています。

診療内容

頭脳卒中は発症から治療開始までの時間によって、その後の経過が大きく変わることがあります。半身の手足の力が出ない、上手くしゃべれない、視野の半分が欠けるなどの症状が急に出現したときは、早めに診察が必要です。
軽微な頭部外傷でも、ご高齢の方は後から慢性硬膜下血腫を発言することがあります。何らかの神経症状が出現した場合は、再検査を推奨いたします。
認知症は大きな社会問題であり、ご家族にも大きな負担になっています。当科でも認知症専門外来を開設して、診断・治療・指導を行っています。
頭痛は片頭痛や緊張型頭痛のことが多いものの、くも膜下出血や脳腫瘍などの重大な病気の徴候でもあります。専門医による確実な診断と治療をお受けください。

スタッフ紹介

荒木 有三 氏名 荒木 有三(あらき ゆうぞう)
役職
資格 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本救急医学会救急科専門医
日本認知症学会専門医・指導医
麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医
日本救急医学会ICLSディレクター
メッセージ
氏名 大江 直行(おおえ なおゆき)
役職
資格 脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本小児脳神経外科学会認定医
日本脳神経外傷学会認定指導医
メッセージ
氏名 榎本 由貴子(えのもと ゆきこ)
役職
資格 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳卒中外科学会技術認定医
メッセージ

ページの先頭へ