病院のご案内

病院のご案内

病院長あいさつ

岐阜赤十字病院 院長 林 昌俊

hospital_director_210165.jpg

当院ウェブサイトをご覧の皆様、はじめまして。
私は令和2年4月1日付けで岐阜赤十字病院の院長を拝命しました林 昌俊と申します。

私は岐阜県出身で、当院には平成23年4月、東日本大震災が起きた直後に外科部長として着任し、消化器外科・内分泌外科を中心に診療に従事してまいりました。この間、地域医師会の皆様や行政・福祉・介護のご担当者様には大変お世話になり、まずはお礼申し上げます。

当院は大正12年に、日本赤十字社岐阜支部常設救護所として発足し、昭和16年に日赤岐阜病院に昇格、昭和37年に現在地に移転し、増改築を繰り返し現在に至っています。そして地域災害拠点病院・地域医療支援病院・第一種、第二種感染症指定医療機関として、急性期から在宅医療まで、岐阜市北部を中心に地域医療を支えてまいりました。
病院経営をとりまく環境は、高齢化や人口減少など社会情勢の変化もあいまって、ますます厳しくなっています。今後も、地域の先生方や行政・介護・福祉関係の方々との連携をさらに充実させ、患者様中心のサービス提供に努めていきます。また、安心・安全な医療を提供し、地域から信頼され貢献できる病院となることや、職員が胸をはって働き甲斐のある病院だと言えるよう、職員とともに頑張ってまいります。今後ともご支援、ご協力をお願い申し上げます。


ページの先頭へ