各部門のご案内

常食について

特別な制限のない患者様に提供される、基準のお食事です。バランスのとれた栄養をとることにより、患者様の栄養状態を改善し、免疫力や体力の回復を図ります。
主食の変更や選択メニュー等で、患者様の嗜好にも対応しています。

常食には栄養素の中で欠かせない、3大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)がバランスよく含まれています。

炭水化物 脂質 たんぱく質
  • ごはん
  • パン
  • 麺類
  • もち
  • いも類
  • 植物油
  • マーガリン
  • バター
  • マヨネーズ
  • 種実類
  • 牛乳
  • 大豆製品
主にエネルギー源となる からだをつくる

また、色々な食品をバランスよくとるために、一汁三菜を目安に「主食」「主菜」「副菜」をそろえた献立を考えています。
※主食(ごはん・パン・麺類など)
  主菜(魚・卵・肉・大豆製品など)
  副菜(野菜など)

常食の献立例

常食一例
  • ごはん
  • お豆腐しんじょ
  • 切干大根の煮付
  • 青梗菜のお浸し
  • 果物

☆献立のトータル栄養価(1人分:ごはん普通盛の場合)

エネルギー(kcal) 640 たんぱく質(g) 22.7
食塩相当量(g) 2.5 脂質(g) 11.2
食物繊維(g) 6.0 炭水化物(g) 110.9
お豆腐しんじょ

魚の白身をすりつぶしたものに、山芋や卵白、だし汁などを加えて蒸したり、揚げたりしたものを真薯(しんじょ)と呼びます。豆腐にひと手間をくわえた、いつもと違う食感を楽しめるアレンジメニューです。

お豆腐しんじょ

[材料] 2人分

A:たね

豆腐・・・・・・・・¼丁(100g)
白身魚すり身・・・・60g
やまいも・・・・・・20g
卵・・・・・・・・・½個
たまねぎ・・・・・・60g
砂糖・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・小さじ⅕(1g)

B:あん

うすくちしょうゆ・・小さじ1;
砂糖・・・・・・・・小さじ⅔
だし汁・・・・・・・100㎖
かたくり粉・・・・・適宜

C:つけ合わせ

かぼちゃ・・・・・・・40g
オクラ・・・・・・・・2~3本
花型生麩・・・・・・・20g

[作り方]

  • 豆腐は水を切っておく。やまいもはすりおろす。
  • たまねぎ以外のAの材料をフードプロセッサーかすり鉢に入れてよく混ぜ合わせ、なめらかになったら荒みじんに切ったたまねぎを入れ、ざっくりと混ぜる。
  • ⒉を型に流し込み、蒸し器で15~20分蒸す。
  • Bの調味料を鍋に入れて火にかけ、生麩を入れてさっと煮たらとり出し、最後にかたくり粉でとろみをつける。
  • つけ合わせの南瓜は一口大に切り、電子レンジで2分程加熱する。オクラはさっと茹でて2cm位に切っておく。
  • ⒊が蒸しあがったら適当な大きさに切り、つけ合わせと共に器に盛り付けてあんをかける。

[一口メモ]

  • 豆腐の水分をよく切ることがポイントです。キッチンペーパーに包んで電子レンジで数分加熱すると、簡単に水切りができます。
  • 材料を混ぜる時に、たまねぎを最後に入れることで食感を残すことができます。また、たまねぎ以外に旬の食材を使うと、季節の味を楽しめます。(たけのこ、枝豆、しいたけ、かに等)
  • 家庭で作る場合は、たねを小分けにしてラップで包み、蒸し器の代わりに電子レンジで加熱しても手軽にできます。